背中のムダ毛の自己処理は難しい!脱毛サロンの有料シェービングを賢く使う方法

「背中なんてほとんど露出しないし、脱毛しなくてもいい」と思っていませんか?

背中の脱毛というと、水着やウエディングドレスなどを着るとき以外必要ないと考えがち。でも、実は夏、キャミソールやノースリーブのカットソーなどを着るときに肌が見えていることも多いのです。

夏は背中も露出している

街中で大きく背中の開いたカットソーを着ている女性の背中にびっしり産毛が生えているのを見つけてびっくりという経験がある人もいるかもしれません。

背中は普段、自分では目にすることができないパーツ。どのくらい濃いムダ毛が生えているかも分かっていないという人も多いのでは?

どんなに顔の肌がツルツルでも、肩の後ろから背中にかけての肌にびっしりまだ毛が生えていたら、女子力も半減。

背中のムダ毛までしっかりケアして、ワンランク上のツルツルボディを手に入れましょう!

[最終更新日]  [公開日] 2018/7/12

美肌になれる!背中を脱毛するもうひとつのメリット

背中は皮脂分泌が多くニキビができやすいパーツでもあります。脱毛することで毛穴が引き締まれば、皮脂分泌も低下。

背中のムダ毛を脱毛すると、ニキビのできにくい 肌に近づくことができるというメリットもあるのです。

背中のムダ毛の自己処理方法

では、実際に背中のムダ毛をセルフケアする場合どんな方法があるのか見ていきましょう。

カミソリで剃る

一番手軽な自己処理方法ですが、背中の自己処理には適していません。もし、カミソリを使うならお友達やパートナーにお願いして剃ってもらうのがベスト。

自分で背中のムダ毛をカミソリで剃るのは、危ないのでNGです。手さぐり状態なので、肌を傷つけてしまう危険性があります。

背中のムダ毛を剃るためのカミソリ・キャミ剃ーる

一人暮らしの方などどうしても、自分で自己処理をしなければならないという時は、背中専用の長い柄がついたカミソリも販売されているので試してみてもいいでしょう。

こちらは、貝印の背中用カミソリ、その名もキャミ剃ーるです。この画像ではちょっと分かりにくいのですが、柄の部分が20cm程度あって背中のムダ毛も楽に剃れるように設計されています。

このキャミ剃ーる、替え刃がないのがネックですが、486円というプチプラで大人気。リピ買いしている人も多いようです。

サロンで背中の脱毛はサロンでしているのですが、残っているムダ毛用に購入。背中は広いので除毛クリームでもきれいに処理できなかったんですが、カミソリで剃れるのが◎。通常のカミソリでは届かないし見えませんがこれならOK。

とても使いやすいし、届かないところもローラーがあるため、スムーズに剃れます。かなりオススメです。

脱毛サロンに通う人もひとつ用意しておくと、家族やパートナーの不在などで、「背中を剃ってくれる人が誰もいない」という事態にも備えられます!

ただし、カミソリで背中のムダ毛を剃るときは、背中を写すことができる大きな鏡があることが前提になります。

減毛ローションを塗る

ムダ毛を徐々に細くすると言われて言われている便利な減毛ローション。肌への刺激が少ないため、お子さんのムダ毛ケアにもオススメ。

画像は口コミでも人気のDHCレスコントロールボディミルク。価格は3,000円以下で購入可能です。ザクロ果皮エキスがムダ毛にアプローチして、肌をなめらかにしてくれるというもの。DHCのロングセラーアイテムです。

でも、こちらも背中にまんべんなく塗るのは難しいので根本的な自己処理方法にはなりません。

ちょっと注意したいのが、一旦ムダ毛を剃ってから、このような減毛ローションを塗ると「ムダ毛が細くなる」「生えてくるのが遅くなる」という口コミがある点。

これは、配合されている成分が毛周期に影響を与えていると考えることもできます。背中のムダ毛のセルフケアアイテムとしては、とても優秀なのですが、脱毛サロンに通うときの事前処理に使用することを考えると、注意が必要です。

なぜかというと、ムダ毛が細くなる=色素の薄くなると光脱毛の照射が反応しにくくなってしまうというデメリットがあるから。

減毛ローションを脱毛サロンに通っている時の背中のムダ毛の事前処理用として使うのは避けた方が良いでしょう。

シェーバーで剃る

ボディ用のレディースシェーバーは、刃が直接肌に当たらないので自己処理にはお勧めのアイテム。

画像はシルク・エピル・レディーシェーバー LS 5160 R。価格はオープン価格ですが、2,000円以下で購入できます。充電式でお風呂の中でも使えるタイプがあるので、カミソリ負けなども起こりにくく肌の弱い方でも安心です。

口コミでもなかなか好評のようですね。

さすがブラウン。深剃りというだけあって、つるつる肌が長持ちします。鳥肌が立ってもチクチク感が出ないのはスゴイ。カミソリよりはいいみたいで、埋没毛にもなりにくいです。水洗いできて、替え刃が売っているのもいいですね。

剃るタイプの電動シェーバーは、脱毛サロンに行く前の事前処理用としても最適です。ただし、抜くタイプのシェーバーは使えませんので、剃るタイプのシェーバーであることを確認してくださいね。また、ボディ用シェーバーは顔に使わないように注意しましょう!

ただし、 こちらも手が届かないというデメリットがあるため、自分で剃るのではなく、やはり家族やパートナーの方に手伝ってもらうのがベストでしょう。

除毛クリームを使う

背中に塗って拭き取るだけでムダ毛を除毛できる便利な除毛クリーム。ただし、除毛クリームは刺激の強い成分が含まれているため、肌荒れを起こしやすいのが難点です。

除毛クリームやムースは、肌荒れを起こしやすいため、サロンに行く前の事前処理としては、オススメできません。敏感肌の方は特に注意してくださいね。

また、クリームを伸ばす時にも背中にまんべんなく広げることは難しいのでやはり誰かの手を借りる必要があります。

脱毛テープ・ワックスを使う

ムダ毛を根元から抜くテープやワックスは仕上がりが美しいというメリットがあります。でも、自分では綺麗にテープやワックスを体に貼ったり塗ったりすることができないので、ムラができてしまうことが考えられます。

また、脱毛テープやワックスはムダ毛を根元から抜いてしまうため、脱毛サロンに行く前の事前処理としては使用できません。

背中のムダ毛を脱毛できるタオルは効果がない

バラエティショップなどで見かける、あかすりタイプの脱毛タオル。ごわごわしていて角質は取れそうという声は多いものの脱毛には効果がないという口コミがほとんどです。

さっそく、背中を洗ってみました。ゴシゴシ洗うと気持ちがいいのですが無駄では全然取れないです。ただ、形が使いやすく背中を洗いやすいので使い続けています。あかすりとしては、値段が高いのでリピはなしかな。

マイクロファイバーがムダ毛や角質を絡め取ってくれるという言うので買ってみました。あまり背中のお手入れをしていなかったので、ガサガサだったのですが手触りはツルツルになりました。でも産毛については効果はないみたいです。

脱毛サロンに行く前の背中の事前処理はシェーバーで

脱毛サロンで背中のムダ毛を脱毛する場合の事前処理について、アイテム別に可否をまとめました。

事前処理 評価
カミソリ
シェーバー(剃るタイプ)
シェーバー(抜くタイプ) ×
除毛クリーム、ムース
脱毛テープ、ワックス ×
毛抜き ×

脱毛サロンに行く前にムダ毛の自己処理をする時に気をつけたいのは、抜くタイプの自己処理は避けるということ。そのため、脱毛テープやワックス、毛抜き、抜くタイプのシェーバーなどはすべて NGになります。

おすすめは剃るタイプのレディースシェーバーでしょう。顔用の小さいものは面積の広い背中には使いづらいので、ボディ用のシェーバーが一つあると便利です。

背中のシェービングはサロンにお任せするのがベスト

脱毛サロンに行く前に、せっかく頑張って背中の自己処理をしても、ムダ毛が残っているとその部分に照射してもらえなかったり、別にシェービング料金を払ってシェービングしてもらうことになります。

背中を含めた全身脱毛を考えているなら、 シェービングサービス込みのプランを契約するなどシェービングをサロンにお任せするのがベストです。

毎回、誰かに頼んで背中のムダ毛処理ができるとは限りませんし、その都度、サロンでシェービングをお願いすると1回1,000円から3,000円程度のシェービング代がかかります。

これを何回も繰り返していると、初めからシェービング込みのプランを契約していた方が安かったということにもなりかねませんので、事前によく金額を確認しておきましょう。

ミュゼやキレイモは背中のシェービング代が無料

ミュゼはシェービング代が無料

通常脱毛サロンのシェービングサービスは有料ですが、ミュゼでは「襟足、背中上下、ヒップ奥(Oライン)のみ」シェービングは無料でスタッフにお願いすることができます。

ミュゼの詳細

ミュゼには有料のシェービングサービスそのものがないので安心です。

キレイモは回数プランでシェービング代が無料

キレイモでは回数パックプランで「うなじ(襟足)、背中、ヒップ、ヒップ奥(Oライン)」が原則無料です。施術時間があれば他のパーツも無料で対応してもらえます。

月額プランは施術の度に千円でシェービングが受けられます。

キレイモのシェービング範囲は「うなじ、背中、Oライン、ヒップ」で剃り残しに厳しい

キレイモのシェービング範囲は「うなじ、背中、Oライン、ヒップ」で剃り残しに厳しいキレイモは全身脱毛サロンであるため、毎回VIOや背中、顔などの自己処理が必須です。剃り残しに対するチェックは3ミリを目安にしましょう!キレイモのシェービングサービスの料金や剃り残しの対応、自己処理のやり…

ただし、無料でシェービングをお願いできるからと言って、手が届く部分の自己処理もせずにサロンに行くのはマナー違反。

一人の顧客にかけられる施術時間は決まっているので、剃り残しがあまりにも多いと脱毛の照射時間が短くなってしまいます。 これでは本末転倒ですよね。

じつはミュゼでも、以前は広範囲のパーツで無料シェービングをしていたのですが、事前処理をしてこないお客さんが多かったこともあり、現在ではシェービング範囲を限定して対応しているようです。

シェービングをお願いするときも、自分で手が届く範囲のパーツは自分で処理していくのが大人の女性のマナーと言えるでしょう。

キレイモ11月のキャンペーン!のりかえ割を有効活用する方法や友達紹介のやり方

キレイモ11月のキャンペーン!のりかえ割を有効活用する方法や友達紹介のやり方他サロンで脱毛経験や脱毛中の方はキレイモに乗り換えて最大5万円割引!他サロンのキャンペーンでもOKの超オススメなキレイモののりかえ割や友達紹介、誕生月プレゼントなどのお得な最新情報から使い方・条件をご紹…

脱毛サロン

医療・クリニック

家庭用脱毛器

脱毛の基本

おすすめ