【口コミ調査】勧誘しない脱毛サロンはココ!しつこい勧誘も上手に断れる具体例

かつてエステサロンといえば、個室で契約の話を延々とされて、契約書にサインするまで帰らせてくれないという悪質な勧誘が横行していました。

このイメージがあって今でもエステサロンに通うのは抵抗があるという方が多いのではないでしょうか。

現在でも「勧誘をしません」というポリシーを掲げている脱毛サロンで実際にカウンセリングを受けてみるとしつこく勧誘されて困ってしまったという声を見かけることがあります。

まずは各脱毛サロンで勧誘に対してどのようなスタンスを取っているかチェックしてみましょう。

[最終更新日]  [公開日] 2018/8/4

大手脱毛サロンの勧誘に対するポリシー

銀座カラー 無理な勧誘がない
キレイモ 勧誘をしません
ミュゼ 無理な勧誘はしません
脱毛ラボ 公式サイト上に勧誘の有無についての記載はなし
ジェイエステ しつこい勧誘・販売は一切行なっておりません

勧誘しないとはっきり明記しているサロンであれば実際に勧誘を受けた時にも『勧誘がないと聞いていたのですが…』と意見することができます。

カウンセリングに行く前に、そのサロンが勧誘にすることに対してどんな考えをもっているか知っておくことも大切です。

銀座カラーは最適なプランをご提案

銀座カラーの勧誘ポリシー

銀座カラーでは、無料カウンセリング時にお客様のお悩みや不安と真摯に向き合い、ご相談させていただきながら、カウンセリングをしております。お客様の脱毛したい箇所やご予算に合った最適なプランをご提案をしております。

キレイモは一切勧誘せず

キレイモの勧誘ポリシー

一キレイモは一切勧誘せずをせずカウンセリング時に頂いた情報を元にお客様一人一人に合った最適なプランをご提案させていただきます。

ミュゼは最適なコースを提案

ミュゼの勧誘ポリシー

お客さまに最適なコースを提案し 納得いただいた上でご契約となります。ご希望以外のコースや商品の購入を 無理に勧めることはいたしません

ジェイエステは以前のトラブルを受けて対応を改善

ジェイエステの勧誘ポリシー

以前は、口コミサイト等でジェイエステティックに対する勧誘・販売についてお困りの声があがっておりました。しかし、現在は、「お客様に気持ち良く通っていただきたい」という思いから、しつこい勧誘・販売は一切行なっておりません。

勧誘がない脱毛サロンはキレイモ!

勧誘しないと謳っているところでも、利益のために新規契約の提案をすることがあります。「最適なプランをご提案」と謳っているサロンがあることからも分かりますよね。

提案くらいならいいけれど、施術のたびに勧誘を受けるようではうんざりしてしまいます。

当サイトで行ったアンケートによると、勧誘の有無に関する質問で「勧誘がなかった」「勧誘が少なかった」と回答が目立ったサロンは、キレイモでした。

キレイモの勧誘に関する口コミ

キレイモ 勧誘に関する口コミ

安いプランだったので勧誘を受けるかなと身構えていたのですが、さらっと『こんなプランがあります』と言われる程度。勧誘は本当にないんだなと感心しました。

キレイモに何年も通っていますが、ほとんど勧誘されたことはありません。

キレイモで初めて勧誘を受けました。『今ならお得です』と言われて『少し考えます』と答えたところ、『今しかないです』とごり押しされ、話が終わりませんでした。今まで勧誘が全くなかったのでびっくりです

キレイモの体験談や口コミをもっとみる

銀座カラーの勧誘に関する口コミ

銀座カラー 勧誘に関する口コミ

カウンセリング当日に契約をすることで割引になると言われました。『皆さん ATM でお金をおろして来られて当日契約されますよ』と勧められましたが、これって勧誘ですよね。当日契約するつもりはなかったのではっきり断りました。もし、嫌ならクーリングオフできると言われましたが、クーリングオフ前提でする契約なんておかしいと思います。

全身脱毛のコースを契約しました。2回目の施術を受けたところで、顔脱毛の勧誘を受けました。 20万円近いプランの契約をしてまだ終わってもいないのに新しい契約を勧められるのは不愉快です。

銀座カラーの体験談や口コミをもっとみる

ミュゼの勧誘に関する口コミ

ミュゼ 勧誘に関する口コミ

毎回普通に勧誘を受けています。

2年以上通っていますが、勧誘を受けたことはありません。

半年ぶりにようやく予約が取れたと思ったら、 勧誘を受けてびっくり。それより予約を取れるようにしてほしいです。

ミュゼの詳細はこちら

脱毛ラボの勧誘に関する口コミ

脱毛ラボ 勧誘に関する口コミ

通っている時は勧誘がなかったのですが、やめてからというもの SMSで勧誘のメールがひっきりなしに来ます。

もともと安い金額だし商売柄仕方ないのかなと思うのですが勧誘は強引です。

脱毛ラボの詳細はこちら

ジェイエステの勧誘に関する口コミ

ジェイエステ 勧誘に関する口コミ

エステサロンということで勧誘をされるものだと身構えていたのですが、よかったらお友達を紹介してくださいねという案内ぐらいで、 新しいプランをしつこく勧誘されることはありません。 また心配していた化粧品の購入に関する勧誘も今のところありません。

ジェイエステの詳細はこちら

脱毛サロンの勧誘は学生でもされる

近年、消費者センターに寄せられている脱毛サロンのクレームを見ていると、契約やローン支払いについて正しく理解できていない若い人や学生の勧誘をする脱毛サロンも見受けられます。

サロン側で学生に勧誘はしないと自主的に決めているところもありますが、すべての店舗で徹底されているわけではないようです。

学生の皆さんはカウンセリングに家族に同席してもらうのがベスト。もし、 一人でカウンセリングを受けなければならない場合も『家族に相談しないと契約はできません』とはっきり断るようにしましょう。

すぐに使える断り文句!勧誘を上手に断る方法

定番の断り文句

しつこく勧誘されないためには、まずカウンセリングの初めに自分の意見をはっきりとサロン側に伝えておくことが大切です。では、勧誘を断るための方法を具体的に見ていきましょう。

今日は契約するつもりがないとはっきり伝える

「一旦帰ってよく考えてから決めたいので、 今日は契約しません」とはっきり断言しましょう。

最初にはっきりした態度をとることで、この人は勧誘しづらいという印象を脱毛サロンのスタッフに与えることができます。

勧誘がしつこいサロンからの乗り換えだと伝える

「以前契約していた脱毛サロンでしつこく勧誘を受けたから、乗り換えを検討している」と初めに切り出せば、勧誘しづらい雰囲気になります。

「ワキ以外は興味がない」と伝える

脇や VIO など自分が脱毛したいパーツや試してみたいキャンペーン以外のプランを勧められても、それ以外は全く興味がないとはっきり断言しておくことで、 勧誘しづらい雰囲気にしておきます。

事情があってローンを組めないと伝える

月額制ではなく回数プランを無理に勧められたりした場合、すでにいくつかローンの支払いが重なっているので新しくローンは組めないと伝えてもいいでしょう。

家族の了解を得ないと契約できないと伝える

専業主婦だから、学生だから、など自分の立場を伝え、一人では契約を決められないと前もって言っておきましょう。

今日は〇時までしか時間がないと伝える

家族やお友達などに前もってカウンセリング予約時間の1時間後くらいに電話をしてほしいとお願いしておいてもいいでしょう。

沈黙する

残念ながら、「勧誘はしない」断っても断ってもしつこく食い下がってくるという例もあります。あまりしつこい場合は、はっきりとお断りしますと伝えた後相手が何を言ってもにっこり笑って沈黙で通しましょう。

はっきり断ってくれそうな友人に同席してもらう

自分で勧誘を断れるか自信がないという人ははっきりと意見を言うことができるお友達に同席してもらいましょう。

カウンセリング時に「無職」「主婦」と答える手も

カウンセリング時のアンケートでタブレットなどで住所や連絡先、職業などを答える欄があります。

ここで職業欄に無職・アルバイト・パートあるいは主婦と書いておくのも、しつこい勧誘を未然に防ぐための一つの方法です。毎月決まった収入がないと分かれば、極端に高額の契約を勧められることがないでしょう。

そもそも、脱毛エステに正直に自分の職業や勤め先を知らせる必要はありません。

正直に「大手企業に勤めている」「アパレル関係」などと書いてしまったところ、「○○社にお勤めなんですね。美意識が高い方が多いですし、全身脱毛した方がいいですよ」「アパレルなら絶対、腕と脚も脱毛したほうがいい」などと勧誘を受けてしまったという口コミもあります。

失礼な勧誘には毅然とした態度で接してOK

一旦家に帰って考えたいと言うと「何を考えるんですか?」、「 月にいくらまでなら自由に使えるんですか」「これぐらいみんなやっていますよ」「月額プランはお金のない学生さん向きです」「このキャンペーンを申し込む方はみんな、本契約しますよ」「…(スタッフが沈黙する)」など、失礼な勧誘を受けることもあります。

脱毛は長期戦のお手入れ。しつこい勧誘をするサロンで長期間、気持ちよくサービスを受けられるとは考えられません。

失礼だなと感じたら「申し訳ありませんが、契約はお断りします。お時間をいただいてありがとうございました」と淡々と伝えて立ち去りましょう。

強引な勧誘で契約させられたらクーリングオフしよう

どうしても断り切れずに強引に契約させられてしまったら、すぐにクーリングオフの手続きをしましょう。クーリングオフできる契約の条件は以下の通りです。

  • 契約日から8日以内であること
  • 契約期間が1カ月を超えること
  • 総額5万円以上の契約であること

脱毛サロンの解約・クーリングオフの手続き方法!返金額とよくあるトラブル

脱毛サロンの解約・クーリングオフの手続き方法!返金額とよくあるトラブル脱毛サロンの解約方法からクーリングオフの具体的な手続きを脱毛サロン別で紹介しています。中途解約の条件や解約でよくあるトラブル、ローン契約時の解約手数料や返金額など事前に理解しておきたいことをまとめま…

条件に当てはまるにもかかわらず、万が一クーリングオフできないと言われた時は消費者センターなどに相談しましょう。こちらはクーリングオフ妨害としてサロン側が処分を受ける可能性があります。

また、事実と異なるような悪質な勧誘で特定商取引法や消費者契約法に違反しているとみなされた場合、クーリングオフ期間を過ぎていても、契約者側から一方的に解約できる「取り消し権」が認められています。

万が一、悪質な勧誘にあって契約させられてしまったという場合は以下の窓口で相談するようにしましょう

消費者ホットライン 188(イヤヤ)

地方公共団体が設置している消費生活センターや消費生活相談窓口を紹介してもらえます。

国民生活センターお昼の消費生活相談 

  • 電話番号:03-3446-0999
  • 営業時間:平日11時から13時(年末年始、土曜日曜祝日を除く)

クーリングオフすればいいという言葉に乗せられない

脱毛サロンの中には契約を躊躇していると、後からクーリングオフすることもできますよと言って契約を促すサロンがあります。

でも、実際にクーリングオフについて調べて手続きをするのはひと手間かかります。8日以内に郵便局へ出向いて、記録が残る形で書類を送付するので忙しい人は期限を過ぎてしまうということもあるでしょう。

こうした手間を面倒に思って、結局契約を続行してしまうという人もいるので、面倒な手続きは避けたいという方はクーリングオフできるという言葉に乗せられないように注意してください。

キレイモの解約。月額制、回数プランの解約に必要な手続きやクーリングオフの方法とは

キレイモの解約。月額制、回数プランの解約に必要な手続きやクーリングオフの方法とはキレイモの解約手続きの方法は月額制、回数プラン、通い放題プランなど契約内容によって異なります。月額プランを最短でやめたいときは、どんな点に注意すればいいでしょうか?ここではキレイモの解約のしかたや解…

強引な勧誘をする脱毛サロンは少ないので安心を!

ここまで脱毛サロンの勧誘を上手に断る方法について具体的に説明してきましたが、実際にはしつこい勧誘をする脱毛サロンは少なくなってきています。

なぜなら、強引な勧誘をすることで脱毛サロン側が行政から処分や改善指示を受けたり、ブログ Wear Twitter といった SNS による拡散で致命的な風評被害を被ることがあるからです。

実際に消費者センターに報告されているトラブルも小規模なエステティックサロンが多く当サイトで紹介しているような大手の脱毛サロンの被害報告は少なめ。

あまり身構えずに、いらないものはいらないと言えばいいというシンプルな姿勢で臨めばトラブルになることはないでしょう。

キレイモの初回カウンセリングの所用時間は約60分!持ち物や遅刻・キャンセルについて

キレイモの初回カウンセリングの所用時間は約60分!持ち物や遅刻・キャンセルについて月額9,500円で全身脱毛ができるキレイモ。でも、カウンセリングで結局、高いプランを勧められるのでは?という心配をしている方もいるのではないでしょうか。ここでは、キレイモの初回カウンセリングの流れや所要時…

脱毛サロン

医療・クリニック

家庭用脱毛器

脱毛の基本

おすすめ