広範囲の全身脱毛なら医療脱毛よりもサロンがおすすめ!顔とVIOが含まれているかどうかで検討しよう

「全身脱毛はどこで受けても同じ」

「違いは価格だけ」

そう思っていませんか?

実はサロンやクリニックによって、どこまで脱毛できるか全身脱毛の範囲は異なります。

同程度の料金でも脱毛できる場所が少なかったり、脱毛できると思っていた場所に対応していないという場合もあるのです。

できるだけ広範囲の全身脱毛ができるサロンやクリニックはどこか、さらに選び方のポイントについて詳しく説明していきます。

[公開日]

全身脱毛の対応範囲をチェックしておこう

できるだけ広範囲の全身脱毛を探すならポイントは「顔脱毛と VIO 脱毛」にどこまで対応しているかという点です。これ以外の部位は、どこもあまり変わりありません。

広範囲の全身脱毛なら医療脱毛よりもサロンがおすすめ

より広い範囲を目的とするなら、クリニックなどの医療レーザー脱毛よりもサロンのほうがおすすめです。

クリニックでの全身脱毛は「顔とVIO」が別料金になっているのが基本ですが、サロンは顔もVIOもセットになった全身脱毛プランも多くなっています。

そしてサロンは通常料金の割安さに加えて、キャンペーンも常時行っているので安く利用でき、より幅広いパーツをカバーできるので、コスパにも優れています。

全身脱毛でよくある誤解!○箇所の表記について

全身脱毛の対応パーツを表す方法として「全身50箇所」などがありますが、数が多いからといって、より多くの部位に対応しているわけではありません。

例えば銀座カラーの場合、顔脱毛の範囲を「鼻下、鼻下以外」の2箇所と数えています。

一方、脱毛ラボでは顔脱毛を「おでこ、こめかみ、小鼻、 あご」など5カ所以上に細かく分けてカウント。このために対応箇所の合計が多くなっているにすぎません。

脱毛サロンの全身脱毛はVIO込みのプランが多い

VIO 脱毛のために脱毛サロンに通うという人が増えている現在、どこの脱毛サロンでも脱毛できる VIO の範囲はそれほど差がありません。

全身脱毛は顔が含まれるかどうかが大きい

脱毛サロンの全身脱毛は、VIO込みのプランが一般的なので、顔脱毛がセットに含まれているかどうかが重要になってきます。

さらに顔の中でも、鼻下やアゴなど細かく分類されているので、脱毛したい部位が対応しているかを事前にチェックしておきましょう。

脱毛サロン・全身脱毛の顔の範囲
サロン名 顔を含むプラン 顔の対応範囲
銀座カラー 全身パーフェクト脱毛のみ 鼻下、鼻下以外、
襟足
キレイモ 全プラン顔脱毛に対応 おでこ、もみあげ、
両頬、鼻、鼻下、
アゴ、アゴ下、うなじ
ストラッシュ 全プラン顔脱毛に対応 おでこ、眉間、
こめかみ、もみあげ、
両頬、鼻下、
フェイスライン、
アゴ、アゴ下、うなじ
シースリー 回数プラン、無制限プラン おでこ、頬、鼻下、
口下、もみあげ
エピレ Lパーツ おでこ、眉間、頬、
鼻下、アゴ、
フェイスライン、
襟足、首後ろ
ミュゼ 顔脱毛なし
脱毛ラボ 月額制、回数パック おでこ、こめかみ、
もみあげ、小鼻、
鼻下、アゴ、アゴ下、
うなじ

ミュゼは顔の脱毛そのものに対応していません。それ以外の脱毛サロンはすべて顔脱毛に対応しています。

全身脱毛の範囲が広くてコスパが高いサロン

顔やVIOを含んだ広範囲の全身脱毛ができるのは、クリニックよりも圧倒的に脱毛サロンとなります。

脱毛サロンは脱毛効果が少ないと思われがちですが、回数を重ねることでしっかりと実感できるので安心してください。

その反面、プランや複雑な料金体系がわかりづらいのが難点です。そこで脱毛部位が広くて料金も安いおすすめのサロンを3つご紹介します。

キレイモ トータルバランスがよくコスパが高い

キレイモ

キレイモの全身脱毛は、全身33ヵ所です。もちろん顔7ヶ所とVIOも込み。

特に顔脱毛が充実していて「おでこ・鼻・鼻下・両ほほ・もみあげ・アゴ・アゴ下」の7カ所に対応。他のサロンではほとんど対応していない、鼻すじに照射できるのがポイントでしょう。

脱毛できないのは、ゴーグルを使用したときに覆われる眉の上下、眉間、口元、首の全面、粘膜部分のみ。眉の上はゴーグルから出ている部分に関しては照射可能です。

キレイモの全身脱毛プラン
おすすめ月額プラン 月額9,500円(いつでも解約OK!)
脱毛し放題プラン 324,074円
回数プラン 12回:212,040円
18回:290,700円
キャンペーン のりかえ割は最大50,000円割引、
または豪華景品プレゼント!
学割は卒業後も割引が受けられます。

キレイモの詳細はこちら

予約が取りやすく、すべて顔コミの料金

キレイモは予約が取りやすいサロンとして有名ですが、分かりやすい料金体制も人気の理由です。

「月額制」「回数プラン」「脱毛し放題プラン」のどれを選んでも、同じように顔とVIOを含む全身脱毛が可能です。さらにどのプランも1回の施術で全身脱毛1回が終わるので、プラン毎の差が少なく万人におすすめできるサロンです。

キレイモ公式サイト


ストラッシュ 対応範囲が広く料金が安い

ストラッシュ

痛みの少ないSHR脱毛のストラッシュもかなり広範囲の全身脱毛が可能なサロンです。価格面にスポットを当てるとキレイモより安く、「もっとも広範囲かつ価格が安い」のはストラッシュということになります。

ストラッシュの全身脱毛は全身61カ所。顔は「おでこ、こめかみ、もみあげ、頬、鼻下、アゴ上、アゴ下、フェイスライン」の8カ所。おでこに含まれていてカウントされていませんが、実はストラッシュでは眉間の脱毛もできます。

ストラッシュの全身脱毛プラン
月額プラン 月額7,980円(いつでも解約OK!)
回数無制限プラン 369,800円
おすすめ回数プラン 12回:181,800円
18回:262,440円
キャンペーン 学割・ペア割は最大約26,000円の割引
(パックプランまたは無制限プラン)

ストラッシュの詳細はこちら

対応部位に眉間が含まれる数少ないサロン

全身脱毛に眉間が含まれているサロンはストラッシュとエピレのみ。眉毛が繋がりそうなほど濃いという人にとっては大きなメリットになりますよね。

月額制は全身を4つにわけて月2回来店、2カ月で全身脱毛1回が終わる計算です。パックプランにすれば、キレイモや銀座カラーと同様、1回の施術で全身脱毛1回が終わります。

ストラッシュ公式サイト


銀座カラー 回数無制限で広範囲にも対応

銀座カラー

銀座カラーはムダ毛が濃い人に特におすすめです。

全身22箇所と「鼻下」「鼻下以外」の顔を脱毛できる「全身パーフェクト脱毛」は1年に6回通えるリーズナブルプランだと290,050円となんと30万円を切る価格。

銀座カラーの全身脱毛し放題プラン
新・全身脱毛脱毛 顔なし 197,650円(月額6,500円)
おすすめ全身パーフェクト脱毛 顔込み 290,050円(月額10,000円)
キャンペーン のりかえ割は最大60,000円割引。
3ヶ月以内なら全額戻ってくる返金保証付き。

銀座カラーの詳細はこちら

銀座カラーの強みは「脱毛し放題プラン」

全身パーフェクト脱毛の場合、 顔のみ12回と回数が決められているものの、総額は他のサロンの18回プランとほぼ変わらない価格。それで無制限に通えるというのは、他のサロンにはない特色と言えるでしょう。

銀座カラーは「ムダ毛が濃いので、回数プランでは不安」という方にとっては一番、広範囲&お得なサロンです。

銀座カラー公式サイト


人気のミュゼ、脱毛ラボは脱毛範囲が狭いのが弱点↷

脱毛ラボとミュゼ

ミュゼは残念ながら顔の脱毛に対応していないのと、料金的にも全身脱毛というよりはワキなどのパーツに強いサロンです。

脱毛ラボは顔、VIOを含む全身脱毛18回が299,980円と安めの価格帯ですが、顔脱毛に頬が含まれていないのが欠点です。

医療脱毛は条件付きで安くなる

全身脱毛を考えたとき、医療機関でのレーザー脱毛を検討する方も多いのではないでしょうか。

医療レーザー脱毛はサロンよりも効果が高いメリットはありますが、全身脱毛は顔、VIOが別料金であることがほとんどです。また、VIOの照射範囲によって価格が異なる場合もあります。

そのため、クリニックで顔や VIO を含めた全身脱毛を行う場合、5~6回の施術で総額が350,000円以上と高めになってしまうということを理解しておきましょう。

クリニックの全身脱毛は「VIOなし・顔なし」がおすすめ

全体的に高価な医療脱毛でも、顔とVIOが含まれないという条件付きで、とても安いクリニックもあります。この点が妥協できるなら医療レーザー脱毛がグッとお得になってきます。

全身脱毛が安い医療脱毛(顔・VIOを除く)
クリニック 回数 料金
レジーナクリニック 5回 189,000円
表参道スキンクリニック 5回 215,000円

医療脱毛の最安値?全身脱毛(顔VIOコミ)5回が激安のアイエスクリニック

アイエスクリニック

顔とVIOを含む 全身脱毛は高いというイメージをひっくり返すクリニックが登場しました!

「アイエスクリニック」では顔 VIO 込みの全身脱毛が5回で215,000円という格安プランを用意しています。

ただしこちらも条件付きで、使用できる機械は蓄熱式ダイオードレーザーを搭載したメディオスターのみ。メディオスターは痛みが少ないものの、ムダ毛が抜けるまでに時間がかかる脱毛機です。

実際に、メディオスターで抜けきれなかったムダ毛のみアレキサンドライトレーザーのマシンで脱毛(別料金)する人もいるそうです。

アイエスクリニックには、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを搭載したGmaxもありますが、このGmaxとメディオスターの両方のマシンを使用できるプランは 296,297円となっています。

全身脱毛は顔とVIOが含まれるかどうかで決める!

今でこそ全身脱毛が一般的になってきましたが、部分脱毛が主流だったころ人気だったのは、ワキ、腕、脚など。

顔やVIOは優先度が低かったこともあり、現在でも「安くなるなら顔やVIOは脱毛しなくてもいい」と考える方がいるかもしれません。

でも、実際に脱毛を始めると 顔や VIO を脱毛したくなる人がほとんどのようです。では、顔やVIOを脱毛するとどんなメリットがあるのでしょうか。

顔脱毛のメリットと注意点

顔脱毛の対応部位

顔の脱毛範囲として一般的なのは「おでこ、両ほほ、もみあげ、鼻、鼻下、あご」などです。

眉間は照射できないサロンもあり、「アゴ下」「フェイスライン」など呼び方が異なる場合もありますが、照射できる範囲に大きな差はありません。

顔脱毛のメリット

顔脱毛のメリットは、ムダ毛処理の他、美肌に関しての相乗効果が期待できます。

毛穴が引き締り美肌になる

脱毛によって毛穴が引き締まると、皮脂の分泌が抑制される効果が期待できます。

このことでニキビや毛穴の開きなど、過剰な皮脂分泌が原因で起こる皮膚トラブルの防止にもつながります。

透明感のあるあか抜け肌に

毛穴が引き締まると、肌に影ができなくなって光を均一に反射するようになります。これによって透明感のある明るい肌に見えるようになるのです。

また、顔に産毛があると野暮ったい印象を与えますが、ムダ毛のないつるつる肌はそれだけであか抜けて見えます。

化粧ノリがよくなる

ムダ毛があると、肌が毛羽立ちファンデーションが浮いたりヨレたりしやすくなります。脱毛することでファンデがピタッと肌につき、キメが細かい肌に見えます。

カミソリ負けなどの肌荒れ防止効果

ムダ毛の自己処理によって起こるカミソリ負けや肌荒れの防止につながります。

光やレーザーによる美肌効果

IPL脱毛の光やアレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの光は肌の新陳代謝を促進させコラーゲンの生成を高める作用が。ただし、ダイオードレーザーに美肌効果はありません。

顔脱毛でも「目の周りや眉間」が脱毛できない理由

脱毛の施術時はゴーグルやタオルで目元をカバーするため、その部分には照射ができません。これは、目を保護し、視力の低下を避けるための必須プロセスとなります。

光脱毛やレーザーの光は、 万が一目に入ると網膜にまで到達してしまいます。網膜が火傷を起こすと、 視力が一時的あるいは永久に低下する恐れがあるのです。

最悪の場合、手術が必要な症状を起こすこともあるため、顔脱毛の時には目元をしっかりと保護することが重要になります。

万が一、スタッフが目を保護することを忘れたら、必ず声をかけて目元を保護してもらってから施術を受け始めてください!毎回、忘れずに目元を保護してくれるところは安全性の細かい配慮ができるサロンは優秀なサロンと言っていいでしょう。

頬やフェイスラインも脱毛サロンによって対応が異なる

脱毛ラボは頬への照射を行っていません。それほど濃いムダ毛が生える箇所ではありませんが、頬の産毛が気になる方は脱毛ラボ以外を検討した方がいいでしょう。

なお「フェイスライン」については「アゴ下」に照射できる場合、対応してもらえます。銀座カラーやキレイモはアゴ下も照射してもらえるので、フェイスラインもケアできることになります。

VIO脱毛のメリットと注意点

VIO脱毛の対応部位

Vゾーンに関しては初めの数回は全面に照射して、毛量を減らしその後、好みの形に整えるか、毎回、全面照射してハイジニーナにするかなど、希望に合わせて施術してもらえます。

Iラインは指1本程度残し、Oラインはツルツルにするのが一般的です。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリットは、デリケートな悩みの解決や衛生面での相乗効果が期待できます。

下着や水着を選ばない

アンダーヘアの面積を小さくすることで、ローライズやTバッグのショーツ、水着なども問題なく履けるようになります。

生理のときに衛生的

下着によるムレの予防になります。 臭いやかぶれも軽減するでしょう。

男性ウケがよくなる

アンダーヘアが濃い女性に抵抗感を持つ男性は多いです。VIOラインを適度にお手入れしておくことは、もはやマナーとも言えるでしょう。

広範囲の全身脱毛なら医療脱毛よりもサロンがおすすめ

顔やVIOを含めたできるだけ広範囲の脱毛を安い料金で!という方へのイチオシは、手ごろな月額制で人気の脱毛サロン「キレイモ」でした。

脱毛範囲が広いことだけではなく、月謝タイプの月額制があって通いやすいこと、脱毛効果が高いIPL方式のマシンを導入していることなども高評価の理由です。

一方、クリニックでの医療脱毛は顔とVIOを含めると高くなりがち。この2つの部位の脱毛が必要ないという方で、サロン以上の脱毛効果を期待したい方に適していると言えるでしょう。

脱毛サロン

医療・クリニック

家庭用脱毛器

脱毛の基本

おすすめ